住所印を作る際、どれをどのように配置すれば良いか、困ることがあると思います。

今回は住所印のレイアウトについて、考えます。

 

住所印にはどんな情報を入れる?

 

住所印は、請求書や領収書、封筒などに使います。

その用途によっても若干異なりますが、

①     屋号・会社名

②     役職+代表者名

③     郵便番号+住所

④     TEL(携帯)、FAX

⑤     メールアドレス

が主としてゴム印に入る内容となります。

人によっては、郵便番号なし、TELや携帯のみなど様々なので、ご自身の用途に合わせてお選びください。

 

住所印のレイアウトは?

 

住所印のレイアウトは、横書きか縦書きかにもよって変わります。

横書きの場合は、一番上に会社名を入れる場合と、真ん中に会社名を入れる場合があります。

一番上に会社名を入れる場合は、

①     屋号・会社名

②     役職+代表者名

③     郵便番号+住所

④     TEL(携帯)、FAX

⑤     メールアドレス

となります。

真ん中に会社名を入れる場合は、

③ 郵便番号+住所

①     屋号・会社名

②     役職+代表者名

④     TEL(携帯)、FAX

⑤     メールアドレス

となります。

縦書きの場合は、

上に郵便番号が来て、後は、真ん中に会社名を入れる場合と同様の順番で右から配置します。

 

文字の大きさも違いがあります。

①     会社名

②     代表者名

③     その他

の順番になります。

更に、株式会社、合同会社などが会社名の前に付く場合、株式会社などは少し会社名より小さく作られます。

役職に関しても小さく作られます。

 

住所印のレイアウト例

住所印もはんこ屋さんによって作り方は様々ですので、今回紹介したのはほんの一例です。

いかがでしたでしょうか。

スタンプ道でも住所印を販売しておりますので、良かったら見てみてください。

 

スタンプ道へ